神宮外苑花火大会

神宮外苑花火大会はアーティストと花火の共演

神宮外苑花火大会は神宮球場をメインとして、神宮外苑から花火を楽しめる花火大会です。

 

毎年8月上旬に開催され、10,000発以上の花火が打ち上げられる、
東京三大花火大会の一つです。

 

一般的に海や川、山などで打ち上げられる花火が多い中、
神宮外苑花火大会は唯一都心の建物の密集している場所で打ち上げられる花火です。

 

場所によっては会場に行かなくてもマンションやビルから見ることもできるので、
自宅や友人宅に集まって観覧することもできるでしょう。

 

神宮外苑花火大会は1980年から開催されていて、
ほとんどが有料席になっており、ゆったり座りながら花火が鑑賞できます。

 

有料の鑑賞席が設けられているのは、神宮球場以外に
軟式球場や国立霞ヶ丘競技場、秩父宮ラグビー場の4つの会場です。

 

神宮外苑花火大会で注意したほうが良いのは、花火の残り火です。

 

風向きや観覧場所によっては花火の残り火が飛んでくることもあるので気を付けましょう。

 

花火大会と同時にアーティストによるコンサートイベントも行われます。

 

神宮球場と神宮軟式球場で行われ、参加アーティストも演歌歌手やアイドルグループ、
お笑いタレントなど毎年多彩な顔触れです。

 

神宮外苑花火大会は一般的な花火大会と違って、
全席指定となっているので早くから場所取りしに行く必要がありません。

 

事前にチケットを購入しておいてから会場に入るので、
購入したチケットをもって会場に入り、ビールなどを飲みながら
ゆっくり花火を鑑賞することができます。

 

4会場合わせても97,000人の指定席がありますが、
人気が高い花火大会なのでチケットは早めに購入しておくほうが良いでしょう。

 

ただ、周辺の混雑もかなり激しくなりますので
どのルートで向かうかも考えておくとよいでしょう。

 

神宮外苑花火大会は各会場で見るイベントと花火との共演が素晴らしい花火で、
来場者にはプレゼントもあって特典もいっぱいです。